介護ってどうなの? ~ 介護施設管理者のつぶやき ~

介護業界に18年従事する管理者のブログです。
現在は介護老人保健施設の事務責任者として勤務をしていますが、
様々な管理経験をしました。
長く介護業界に携わっている経験を活かして
多くの人に役立てるサイトを目指したいと思います。

2019年04月

P_20190316_120618_1_BOK

介護や医療や福祉の目的って??

新年度が始まり
新しい予算を検討している。
(遅っ・・・。)

我々の法人では、
病院と介護施設と幾つかの介護事業所を持っている。

病院併設の介護施設で働いている人は
理解をしてくれる人も多いのだが
「病院ありき」みたいな所がある。

病院は介護施設よりも圧倒的に収入が高い。
でも一方で、圧倒的に経費も大きい。
なので、当たりハズレが大きい商売だと思っている。

わたしは病院経営と介護経営の抜本的な違いは
 病院経営は当たりハズレが大きい狩猟型
 介護経営はコツコツと行う農耕型
そんな風に思っている。

どちらが良いのか??
 → 体制や仕組みが違うのでどちらが良いということは無い。
でも、冒頭書いた通り、病院は病院が圧倒的に正義なのである。

さて、医療や介護、福祉の究極的な目的ってなんだろうか
わたしは、「継続して安定的なサービスを提供すること」だと思っている。
その為には、『潰れないこと』が究極的な目的だと思う。

どんなに立派な事をしていても潰れてしまったら元も子もない。

2018年の医療機関倒産動向(帝国データバンク)では、
2018年の医療機関(病院・診療所・歯科医院)の倒産(負債1000万円以上、法的整理)は40件(病院3件、診療所14件、歯科医院23件)となり、前年(25件)比で15件増(60.0%増)となった。
この数字は、倒産に限っているので
売却や合併、譲渡を含めれば恐らくもっとたくさんの病院が経営状況が悪いことが推測されます。
わたしの地域でも、複数の病院が経営母体が変わりました。

わたしは、ここの法人に来るまで
『なぜ、病院が倒産するのか』わかりませんでした。
でも今はよく分かります。

権利意識と摩訶不思議な理屈、意味不明な医局制度など
およそ合理的とは思えない価値判断で動いている病院が非常にたくさんあるように感じます。
ほんと病院の人って理解できない・・・そんな風に感じる今日この頃です。

2017-09-02 13.56.06

無責任な行政機関

わたし達の法人の介護老人保健施設には
生活保護受給者が何名か入所をしている。
施設自体は従来型施設なのだが、複数の個室を持っている。
ですが生活保護受給者は、原則として個室への入所はできません。

以前、多床室に入所中の生活保護受給者が
他の入所者の方に暴力を振るった事故がありました。
夜間帯で、部屋の中での出来事だったため防ぎようのない状態でした。

怪我をした入所者には謝罪をして
結局は、暴力を振るった入所者を個室での対応としました。
でも、個室に入所させても生活保護受給者の場合には
個室料金を請求することは出来ません。
結局は、施設が負担をし続けなくてはいけない状況です。

担当の自治体の生活保護担当者を呼んで、
「なぜ我々の施設が負担をしなくてはいけないのか」
「特例で個室対応を認めて欲しい」
「次の行き先を探して欲しい」
と散々訴えますが、謝罪するのみ。
その後かなり長い間、施設が負担をして個室に入れておきました。

その担当者が悪い訳ではないことは百も承知です。
でも、一民間施設である我々がなんで
その一人のために負担を強いられなくてはいけないのでしょうか。

ちなみに、その利用者はうちの施設がある市区町村ではなく
別の市区町村の人でした(^_^;)

『法的に(個室への入所は)認められないので・・・。』ということは
よくわかります。
でも、その担当者も「施設に入れたらあとは施設がなんとかするだろう」
その考えはおかしいと思います。

結局、いつも現場が苦労をするだけです。
長期間に渡って何十万も負担をしなくてはいけない意味が分かりません。
福祉行政ってどうなっているでしょうか・・・。

cat2_3_shock


最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。
少しでも参考になりましたら、Twitterのいいね!リツイート
Bookmarkなどをして頂けると嬉しいです(^^)

また、「こんな内容で記事を書いて!!」というものがありましたら、
メッセージ、コメント、Twitterでリプを頂けると嬉しいです(^^)  

2017-05-06 18.09.35

インフルエンザの猛威が続いている。

昨年度はインフルエンザの流行が起こらずに
年度を超すことが出来た!
と思ったら、新年度に入ってインフルエンザが出てしまいました(^_^;)

国立感染症研究所の報告では
2019年 第14週 (4月1日~4月7日) 2019年4月10日現在
患者報告数7,227

まだまだ油断がならない状況ですね。
早めにワクチンを接種した方なんかは
ワクチンの効果が終わりかけているのでしょうか。

手洗い、うがいに心かけて
自分も罹らないように気を付けたいものです(^_^;)

どうしても施設の場合は、
抵抗力の弱っている高齢者の方や
認知症があって感染症を媒介してしまったりと
封じ込めるのが一苦労です(>_<)

重篤者はいませんが
これ以上広がらないように気を付けます。

こんな時、看護職、介護職員ともに
感染症の入所者のケアをしている姿には
アタマが下がりますm(_ _;)m

2017-04-16 19.07.00 (1)

医療と介護の連携って成り立つの?

わたしは十数年介護業界で働いている、
今は病院併設の老健にいるので病院との関係も
必然的にあるのだけど

以前は、別の場所にいたので
医療と介護が相容れるものだという感覚がない。

言葉では
医療と介護の連携
であったり
地域包括ケアシステム
ということの理解はできるのだけど

結局のところ
医療は介護を下に見ているし
介護は医療の立場みたいのを分かっていないような気がする

そして、私は介護側の考えが強いなぁとよく思う・・・。

病院はいつも自分たちの都合しか言わないし
自分達が絶対だと思っている節がある
そろそろそういうのが面倒くさくなってきた(^_^;)

2016-07-17 13.29.20-1

意識が高い介護職員と意識が低い介護職員

介護業界に長く身を置いていると
多くの職員を見ることが出来ます。

最近感じることは、
 意識が高い介護職員と
 意識が低い介護職員の差についてです。

介護の仕事は、
 労働なのか
 ビジネスなのか
 福祉なのか
 奉仕なのか
 利用者のためのものなのか

意識が高い介護職員が起こす周りとのギャップ

意識が高いという言葉は
どちらかと言うと
相手を揶揄する表現として使われる気がするが

やはり介護業界でも同様かもしれない
 資格をとるべき
 スキルアップするべき
 利用者のためにこうするべき

いわゆる
 べき思考
に取りつかれた人・・・。

以前、虐待の研修会に参加した時に
「うちの施設では、利用者の好きなようにしてもらいます
 外に出たければ外に出てもらうし
 遅い時間に食事を取りたければそのような対応をします!」
と自信満々に講義をした施設長の方がいました。

素晴らしいですね。

でも、わたしは職場に戻ってから
その施設を、サービス情報公表制度のサイトで見てみました。

・・・。

職員の入れ替わりが半端なく多い(-_-;)

なるほど、意識が高い施設長さんに
他の職員が付いていけていないのだろうと感じました。
それって、本当に良い施設なのでしょうか?

わたしには疑問です。

自分がやりたいやり方や介護をしたいのであれば
自分がリスクを取って自分の介護施設を立ち上げるしかないのではないでしょうか。
介護はひとりでは出来ません。

理想と”べき思考”は違うような気がしています。

意識が低い介護職員が多すぎる・・・。

一方で、意識が低い介護職員も大勢います。

入所の利用者が入院したら
 「あー少し楽になった」
通所の利用者が休んだら
 「良かった~」

皆さんの給料はどこから支払われているのでしょうか?
少なくとも施設長や管理者が給料を払っている訳ではありません(^_^;)
利用者の方から頂く利用料と介護保険料
これが介護施設の収入のほぼ全てです。

「給料いっぱいくれ!!」っていうことは声高に言うのに
それがイコールで利用者数とリンクしない人が非常に多い気がしています。

意識が高すぎても
 意識が低すぎても
なかなか上手くいかない・・・。
そんな風に感じます。

dog2_4_think


このページのトップヘ