介護ってどうなの? ~ 介護施設管理者のつぶやき ~

介護業界に18年従事する管理者のブログです。
現在は介護老人保健施設の事務責任者として勤務をしていますが、
様々な管理経験をしました。
長く介護業界に携わっている経験を活かして
多くの人に役立てるサイトを目指したいと思います。

カテゴリ: その他

死は特別なことなのか

神戸新聞のニュース記事で
看取りを中心とした施設の建築に際し
地域住民が反対をして計画が中心になったという記事が掲載されていた。
「看取りの家」断念 多死社会の課題浮き彫りに(神戸新聞)
さて、「死」は特別なことなのだろうか。

全ての人間は、生まれてくれば確実に死をむかえる。

確かに地域住民にしてみれば、
「なぜここに」という気持ちは理解できない訳ではない。

最近ではあまり(というか、ほとんど)聞かないけど
介護保険が始まった頃は、グループホーム(認知症対応型共同生活介護)の建設に際しても
地域住民から「認知症高齢者が近くにいるのは怖い!嫌だ!」などの
反対運動が行われていたことを見たことがある。

以前、近隣の病院が建て替えを行った時に
住民説明会に参加したら、病院の隣に住む住宅の住民が

『霊安室を自分の家の方角に作らないで欲しい!!』
と言っていた方がいて
はっ???・・・(-_-;)
と思った。

病院の場合は、(名称はともかく)霊安室のような場所が必須とされているようだ。
公にされている図面に「霊安室」の文言は書かないだろうが。

わたしは長いこと介護業界にいるので
「死」は決して特別なことではないと思っている。
というか、日常の一部だ。

まさか今どき、亡くなった方が
ウラメシヤ~
って出てくるとは思ってないだろうに・・・。

認知症や死は、まだまだ世間一般には
「特別なこと」の一部なのだろうか。

この記事を見てそのようなことを考えた。

2017-05-06 18.09.35

インフルエンザの猛威が続いている。

昨年度はインフルエンザの流行が起こらずに
年度を超すことが出来た!
と思ったら、新年度に入ってインフルエンザが出てしまいました(^_^;)

国立感染症研究所の報告では
2019年 第14週 (4月1日~4月7日) 2019年4月10日現在
患者報告数7,227

まだまだ油断がならない状況ですね。
早めにワクチンを接種した方なんかは
ワクチンの効果が終わりかけているのでしょうか。

手洗い、うがいに心かけて
自分も罹らないように気を付けたいものです(^_^;)

どうしても施設の場合は、
抵抗力の弱っている高齢者の方や
認知症があって感染症を媒介してしまったりと
封じ込めるのが一苦労です(>_<)

重篤者はいませんが
これ以上広がらないように気を付けます。

こんな時、看護職、介護職員ともに
感染症の入所者のケアをしている姿には
アタマが下がりますm(_ _;)m

P_20190102_175658_vHDR_Auto

新人職員がやってきた!2年ぶりの新卒介護福祉士は金の卵

新年度になりました。
介護施設では、
 年度が変わろうが
  年が変わろうが
   元号が変わろうが
いつも利用者さんがいるので、あまり代わり映えはしません(^_^;)

今年は、うちの施設でも2年ぶりに新卒の介護福祉士を迎えることが出来ました。
今は新卒を迎え入れるのも一苦労
来てくれて本当にありがたいです(・人・;)

さて、昨日は法人の新入社員研修でした。
多くの病院職員+若干名の介護職員の中で
介護施設の説明をしてきました。

この時期、毎年憂鬱な業務です。
病院職員はあきらかに介護施設のことなんて興味なし
だからこそクドクドと説明してやりました。

医療が大事なことはよく分かります。
でも、病院は治療を終えて退院させたら終わりだけど
多くの場合、問題はその後の生活だったりします。

介護施設が支えないと、そういう人達の生活は成り立ちません。
少しは医療と介護の連携が進めば良いのですが・・・。
inu4


最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。
少しでも参考になりましたら、Twitterのいいね!リツイート
Bookmarkなどをして頂けると嬉しいです(^^)

また、「こんな内容で記事を書いて!!」というものがありましたら、
メッセージ、コメント、Twitterでリプを頂けると嬉しいです(^^)  

先日、知人のご主人が病気で急逝された。
まだ40歳代前半くらいの非常に若い方だ。

仕事がら、人が亡くなる機会に接することは多いが
若くしてお亡くなりになるのと
ご高齢でお亡くなりになるのは
やはり受ける印象が違う。

その知人は、未だ4歳と2歳くらいの子供さんがいる家庭
亡くなられたご主人もさぞ心残りだろうと思う。
お通夜の間も小さな子供たちは
人が大勢いることが嬉しいのかニコニコしていた。



介護系の仕事をしていると
もしかしたら一般的な死生観とは
異なってくるのだろうかと考える時がある。

どんな人でも亡くなる時は周りの家族は寂しがると思うが
長い介護期間を経て亡くなる方の中には
最後にはほとんど家族の面会もなく亡くなる直前だけ家族が来る
そんな場合もある。

一方、現役世代で亡くなる方は
職場の人や知人など多くの方に見送られることが多い。

どちらが幸せかはそれぞれの価値観だろうが・・・。

わたしの周りで
介護の仕事をしている人達の中には
 自分は介護は受けたくないな・・・。
そういう人も大勢いる。



本日から新年度
 年度が変わったって何か変わりますか?
  気持ちを切り替える必要はない
   わたしはいつでもフルスロットルです。

P_20181014_122203

10月22日は祝日だそうだけど、介護施設に休みなんてないよね?

昨日知ったんですが4.5月の連休の他に
10月22日まで祝日だそうだ(-_-;)
わたしの勤務する法人では、就業規則で祝日が休みとなる
おいおい今年は何日休めばいいんですか・・・。

平成31年3月20日 介護保険最新情報では、
10連休における提供体制に関する対応についてと
厚生労働省より情報が出ている

目新しい内容ではないが、
要するに
「連休だけど、利用者さんが困らないようにヨロシクね」
ってことなようだ。

さて、介護施設で働くひとは
いつ休めばいいんですかね(^o^)

わたしもこの業界に入って長いけど
年末年始や夏休みに長期の休みなんて取ったことないですね(-_-;)
今まで一番長く休んだのは、風邪をこじらせて入院した時くらいです(笑)

結構いるんじゃないでしょうか、
具合が悪かったり、親戚が亡くならないと有給休暇が取れない人・・・。

介護職員は本当に疲弊していると感じます。
でも、今の介護報酬の中では待遇もよく出来ない
いわんや職員数を増やしていくことも出来ない
それじゃあ若い人が集まる訳ないですよね。

いつも思うのですが、
介護報酬の根拠って何なんでしょうか。
経営努力で収支を良くすると
「収支差率が高いから報酬下げます\(^o^)/」
って国は言うし、
現場からは待遇改善を求められるし。

先日の研修会で、行政の職員が言っていました。
「最近、地域密着型の公募を出しても応募がない。
 事業所の方から理由を聞くと、
 やりたくても職員が集まらないから出来ないと言われる」
そのように言っていました。

当たり前だろ!!Σ(゚Д゚)
dog2_2_surprise


最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。
少しでも参考になりましたら、Twitterのいいね!リツイート
Bookmarkなどをして頂けると嬉しいです(^^)

また、「こんな内容で記事を書いて!!」というものがありましたら、
メッセージ、コメント、Twitterでリプを頂けると嬉しいです(^^)

このページのトップヘ