介護ってどうなの? ~ 介護施設管理者のつぶやき ~

介護業界に18年従事する管理者のブログです。
現在は介護老人保健施設の事務責任者として勤務をしていますが、
様々な管理経験をしました。
長く介護業界に携わっている経験を活かして
多くの人に役立てるサイトを目指したいと思います。

タグ:介護経営

2017-09-02 13.56.06

無責任な行政機関

わたし達の法人の介護老人保健施設には
生活保護受給者が何名か入所をしている。
施設自体は従来型施設なのだが、複数の個室を持っている。
ですが生活保護受給者は、原則として個室への入所はできません。

以前、多床室に入所中の生活保護受給者が
他の入所者の方に暴力を振るった事故がありました。
夜間帯で、部屋の中での出来事だったため防ぎようのない状態でした。

怪我をした入所者には謝罪をして
結局は、暴力を振るった入所者を個室での対応としました。
でも、個室に入所させても生活保護受給者の場合には
個室料金を請求することは出来ません。
結局は、施設が負担をし続けなくてはいけない状況です。

担当の自治体の生活保護担当者を呼んで、
「なぜ我々の施設が負担をしなくてはいけないのか」
「特例で個室対応を認めて欲しい」
「次の行き先を探して欲しい」
と散々訴えますが、謝罪するのみ。
その後かなり長い間、施設が負担をして個室に入れておきました。

その担当者が悪い訳ではないことは百も承知です。
でも、一民間施設である我々がなんで
その一人のために負担を強いられなくてはいけないのでしょうか。

ちなみに、その利用者はうちの施設がある市区町村ではなく
別の市区町村の人でした(^_^;)

『法的に(個室への入所は)認められないので・・・。』ということは
よくわかります。
でも、その担当者も「施設に入れたらあとは施設がなんとかするだろう」
その考えはおかしいと思います。

結局、いつも現場が苦労をするだけです。
長期間に渡って何十万も負担をしなくてはいけない意味が分かりません。
福祉行政ってどうなっているでしょうか・・・。

cat2_3_shock


最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。
少しでも参考になりましたら、Twitterのいいね!リツイート
Bookmarkなどをして頂けると嬉しいです(^^)

また、「こんな内容で記事を書いて!!」というものがありましたら、
メッセージ、コメント、Twitterでリプを頂けると嬉しいです(^^)  

2016-06-12 14.53.05

「介護経営イノベーション」を読んでみた。

先日、ダ・ヴィンチニュースで「介護経営イノベーション」という
本の書評を読み、購入してみました。
過酷な介護業界で、離職率7%・残業月7時間を叩き出した“経営イノベーション”とは?

著者は、東京の社会福祉法人理事長の方で
特養などを複数の施設を運営されているという方の
介護経営についての考え方について著されている。

一言で結論を言えば、
介護経営で成功をされている施設でも悩みは一緒
この一言に尽きる。

職員採用の方法などは
非常に勉強となる内容であった。
採用を乗船と例えば
乗組員としての覚悟のある人は嵐の乗り切り方を考えますが、お客様気分の人は文句を言います。
なるほど、確かに採用の前までは
美辞麗句を並べて、いざ採用したら
「聞いてた状況と違う・・・!」
何度、心が苦しい思いをしたことか・・・(;'∀')

そして、同意できる点も数多くあった。
介護・福祉の世界で働く職員は数字や利益というものにあまり関心がなく、数字の管理ができていない人が多いのが悩みの種でもありました。
あ~・・・スゴクわかる・・・。
日本の場合は「みんなが同じ」という幻想に縛られているために、自分ができることをできない人に対して、「なぜ、できないのか?」、「できない人間は使えない」と、できないことばかりを問題視し、そうした人をオミット(排除)しようという心理が働き始めるのです。
あ~~~~うちと一緒だ・・・。

つまるところ、
介護経営に限らず色々なマネジメントで
悩みとなるところって
 実はほとんど変わりはなくて
ただ、上手くいっていると思えるか 上手くいっていないと思うか
 だけの違いしかないのではないかと思ったりします。

読んでいて、いくつか「???」と感じない部分も
 ないわけではありませんでした。
(収入面や待遇面など(もちろん詳細はわかりませんが))

介護経営、介護運営に関わる方には
 非常に勇気をもらえる本だと思いました('ω')




最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。
少しでも参考になりましたら、Twitterのいいね!リツイート
Bookmarkなどをして頂けると嬉しいです(^^)

また、「こんな内容で記事を書いて!!」というものがありましたら、
メッセージ、コメント、Twitterでリプを頂けると嬉しいです(^^)  








2016-05-04 10.51.06

役に立たない家族が増えている・・・

介護施設に入所している人は年々高齢化している。
当然、それに伴い家族も高年齢化している。
施設へ入れていれば老老介護とはならないが、
 なかなか家族との意思疎通が難しい家族も増えている印象がある。

先日、ショートステイを利用中の方が
足の痛みを訴えられて
 緊急で受診をすることになった。

ショートステイ利用中は、
 原則として受診する場合には
家族に依頼をしている。

利用者の状況を説明して
 受診をお願いするが、なかなか家族に伝わらない・・・。
最近ではそんなご家族が非常に増えている印象がある。

ちなみにその方のご家族は、
昼間から酒を飲んでおりベロベロの状態・・・。
なんとか立会いはしてもらいましたが、
 病院では説明できるような状況ではありませんでした・・・。

介護施設に入れたからって終わりじゃない!

なかなか困るのが
 長期の入所になった場合、
面会すら来ない家族は本当に来ない!

最近増えているのが、
 高齢者の息子が独身で中年になっているケース

そんなケースだと、入所者に何かあっても
 本当に何も対応が出来ない・・・
そんなケースがあります。

特に受診が必要な場合には、
病院では必ず検査の同意や治療の方針について
ご家族の立会いを求めます。

困ったことにそのような対応も出来ない家族が結構います。

施設に入所させたからといって
 家族関係が切れる訳ではありませんし
私たち職員は家族ではありません。

無責任なご家族って
 本当に何とかして欲しいものです。

neko2


最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。
少しでも参考になりましたら、Twitterのいいね!リツイート
Bookmarkなどをして頂けると嬉しいです(^^)

また、「こんな内容で記事を書いて!!」というものがありましたら、
メッセージ、コメント、Twitterでリプを頂けると嬉しいです(^^)  

2015-10-10 17.07.25

介護事業所の難しさについて考えること。

介護サービスは、
大きく分けると施設サービスと在宅サービスに分けられる。
どちらが経営的に難しいのかを考えることがあります。

ちなみに、いま働いている事業所では
施設サービスも在宅サービスも両方展開しています。

施設サービスの難しさ

介護サービスの要(かなめ)は詰まる所、稼働率だと思っている。
施設サービスは、在宅サービスと比較すれば
今の所は、「待っている」人がいる状況だ。

退所者が居れば
 出来る限り次の入所者を確保する
それが事務的な発想であり、当たり前だと思っているのだが

結局それをコントロールする
相談員の能力や(施設)ケアマネの手腕、
協力病院との力関係などから
 どうしても稼働が落ちる場合がある。

いつも思うのだが、
 介護施設で働く人は基本的にいい人が多い
でも、金銭面や経営戦略のような実務的な面で疎い人が多い気がする。

入所者のため、は当たり前だが
介護施設はボランティアではない。
入所者がいなくても自分達の給料は払われて当たり前!
そんな意識の職員が多いような気がして
 最近、疲れる・・・。

在宅サービスの難しさ

在宅サービスは非常に厳しい状況だと思う。
利用者の選択の幅は、少し前よりもかなり広がっており
選ばれる施設であり続けることの難しさは
以前にも増して重要になっている。

わたしの感覚でしかないが、
一度利用し始める利用者は、ほとんどの場合
事業所を変えることは少ない。
(田舎で、サービス事業所が少ないこともあるが)

ということは、いかにして新しい利用者を確保するか
それに掛かっていると言っても過言ではない。
結局、要となるのは外部のケアマネとの関係性が大きい。

結局のところ

介護サービスもボランティアではないので
収入を上げたり、収支が取れなければ継続が出来ない。
ケアの質も大事だが、経営のことも考えて欲しい・・・。
そんな風に思った年度初めだった(-_-;)
dog2_4_think


最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。
「こんな内容で記事を書いて!!」というものがありましたら、
メッセージ、コメント、Twitterでリプを頂けると嬉しいです(^^)  

2014-10-19 15.34.11

若くして老害みたいな介護職員がたくさんいる(>_<)

新年度が始まりました。
介護施設では、4月1日に新卒一斉採用!
 が出来る法人は限られるのではないでしょうか
ほとんどの施設は欠員補充がやっと・・・。

最近よく考えるのは、
なんで職員が集まらないのか・・・。

 給料が安いから?
 介護業界に魅力がないから?
 うちの施設に魅力がないから?
 仕事がキツイから?
 将来性がないから?


どれも正解であって、どれもしっくりこない
そう感じます(^_^;)

それから何故、職員が定着しないのか!
多分、うちの施設だけではないと思うのです・・・。

多くの職員が辞めていく原因に
人間関係があると思います。

介護業界が急速に広がっていったのは
間違いなく、介護保険が始まってから
つまり2000年以降だと思います。

その頃、20代で介護業界に入った人は
いま40代になっていると思います。
世間では、40代は中堅だと思いますが
介護業界でもベテラン層になっている人が大勢います。

年齢はもっと高い人がいても、
 キャリアは40代中堅あたりの人が一番長い
そんな施設もたくさんあると思います。

最近感じるのは、その辺りの年齢層の人たちの
考え方が凝り固まっていること(-_-;)

 介護はこうあるべき!
 今時の若いヤツは!
 うちはこういうやり方だから!


そんな、頑固オヤジみたいな職員が
わたしの周りにも大勢います・・・。

なんで介護職員が定着しないのか、
それって間違いなく給料とか待遇だけではない
内部の問題・・・なんですよね(>_<)


cat2_4_think


最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。
少しでも参考になりましたら、Twitterのいいね!リツイート
Bookmarkなどをして頂けると嬉しいです(^^)

また、「こんな内容で記事を書いて!!」というものがありましたら、
メッセージ、コメント、Twitterでリプを頂けると嬉しいです(^^)  

このページのトップヘ